二人の思い出を永遠に~結婚式を安価にステキに挙げる方法3選

親族だけでしっぽりと

結婚式と言えば、新郎・新婦それぞれの親族は勿論、友人達も招待する、というのが一般的ですが、本来結婚は私事。それぞれ違った環境で暮らす「家同士」が関係を持つ神聖な儀式です。であれば、本分に戻って親族だけで式を挙げるのも立派なマナーの一つ。特に、遠距離恋愛の末に結婚するカップルには、この方法がオススメです。大きい結婚式場を予約する必要が無く、ホテルで行う場合は、ホテル側の負担も少なくなるので、意外に歓迎してもらえる場合も少なくありません。

会費制にしてみんなで楽しむ

北海道などでは一般的な「会費制」の結婚式。一人当たり10,000円くらいの予算で親族以外は出席し、その範囲で食事や宴会・余興を楽しむというものです。新郎新婦側で費用を用意する部分が少なくなる為、もし親しい友人・同僚だけを誘うつもりなら、カジュアルな感じで楽しめます。豪華な結婚式も確かに素晴らしいものがありますが、思い出の価値はプライスレス。自分達が楽しい思い出を作ることを優先する方法も大いにアリだと思います。

写真撮影のみ?結婚写真にこだわりあとは普通に飲み会

新郎新婦の美しい姿を永遠に結婚写真は一生残る大切なものですよね。この「思い出」のみを残し、あとは気心知れた人達を結婚を祝う飲み会を行うという、簡素な形で完結するカップルも最近は増えてきたようです。ウェディングブックレットという形式で、二人のなれそめから結婚までを、撮影した写真の合間に文章で載せていき、一冊の冊子を作ってしまおう、というものです。辛い時にこれを読み返せば、夫婦の楽しい思い出をいつまでも心に焼き付けられるでしょう。

結婚式を節約するためには、まずは招待客を少なくすることと、ドレスの数を減らしたり、グレードを下げることをおすすめします。料理の質は招待客にダイレクトに響きますので、お金をかけたいものです。